移転しました。

約1秒後に自動的にリダイレクトします。

プログラミングが時間の無駄になる人の特徴と成果を出す方法

プログラミングが時間の無駄になる人には特徴があります。

転職や副業でプログラミングを学習する人も増えていますが、結局やるだけ無駄だったとならないためにも覚えておいてほしいことがあります。

ただ漠然とプログラミングを学習するのではなく、将来のビジョンを持つことが大切です。

では、プログラミングを学ぶとどんなことができるのか、具体的な例を紹介しながら解説します。

プログラミングが時間の無駄になる人の特徴

プログラミング学習が時間の無駄になる人はこんな特徴があります。

  • 目標を持たずプログラミング学習をしている
  • 独学だけでプログラミング学習をする
  • スクール選びが悪い

プログラミングを学習する上で、こうした状況に陥っていないか考えてみてください。

目標を持たずにプログラミング学習をしている

正直にお伝えすると、プログラミングの学習は凄く大変です。

目標なしに「なんとなく役に立ちそう」という考えだと、途中で挫折するリスクが高くなります。

  • WEB系プログラマーになる
  • 大規模開発ができるプログラマーになる
  • 副業ブログで稼ぐ

具体的な目標を持つことで、モチベーションを保つことができます。

経験がある人も多いと思いますが、学生時代の数学や英語の勉強を時間の無駄と感じたことはないでしょうか。これは数学や英語を将来使う機会がないのに、勉強だけしているので学ぶ意味がわからないから感じるのです。

プログラミングも、目的なく勉強すると途中で学んでいる意味がわからなくなり挫折します。

プログラミングを勉強すると決めたら、具体的な目標を設定することをおすすめします。

独学だけでプログラミング学習をする

プログラミングは独学で習得することも可能です。

ただし道のりは簡単なものではなく、多くの学習者は途中で「意味が分からない」と挫折してしまいます。

独学だと理解できないことを質問することができません。時間を無駄にする人の多くは、頼る人がいないためプログラミングを諦めてしまいます。

プログラミング学習でアルゴリズムが理解できるまでに、「何でこうなるの?」とわからなくなることが何度もあります。

その時に質問できる人がいるのといないのでは雲泥の差があります。

スクール選びが悪い

プログラミングの人気が上がり、プログラミングスクールを利用して勉強する人も増えてきました。

ですがスクール選びを間違えると時間の無駄になってしまいます。

残念ながらプログラミングスクールは各校によって質が違い、悪いスクールで学習すると学習効率が上がりません。

実際にスクールに通っている人に聞いたら、座学授業の動画を流しているだけや、

スクールに通っているから大丈夫と慢心せずに、自分で手を動かしてプログラミングを何度も繰り返しましょう。

プログラミング学習を時間の無駄にしないためには

せっかく始めたプログラミング学習を時間の無駄にしないためには、目的をもって勉強することが重要です。

就職・転職を目標とするなら

今はプログラム未経験でも募集している求人は多く、未経験でもプログラマーとして働くことはできます。

プログラマーとして働けば、自然とスキルは身につきますし、スクールのようにお金もかかりません。

未経験プログラマーでも、給料は出るので(少ないですが)将来を考えれば転職するのも一つの方法だと思います。

ただし未経験募集の求人には、ブラック企業もあるので注意が必要です。

きちんとした企業なら、未経験向けに3ヶ月以上の研修期間があります。

研修後は先輩エンジニアと一緒に仕事をして、徐々にスキルアップすることができます。

プログラミングスクールに通うなら

プログラミングスクールに通うなら、スクール選びが重要になります。

今はオンラインでも良いスクールが増えているので、なるべく評判の良いスクールを選びましょう。

初心者は一人で学習すると挫折しやすいので、メンターがついているスクールがおすすめです。

スクール選びでもう一つ大事なことは、将来何ができるかです。

転職できるのか、フリーで働く土台はできるのかなど、サポートもしっかりと確認しましょう。

プログラミングが時間の無駄と感じる瞬間 エンジニア編

プログラミングは、スキルを身につければ時間の無駄になることはありません。

ただ、もし仕事でプログラマーやエンジニアになりたいと考えているなら、現役エンジニアとして一つ問題を説明します。

実際に業務を長年続けていると、一定の年齢になるとプログラミングをしなくなる環境も多いです。

SE(システムエンジニア)になると、要件定義や設計など書類作成中心の仕事になるのです。

この工程を担当するとプログラミングをしなくなるので、当然スキルは落ちてきます。

私の周りにも多いのですが、エクセルやワードで書類を作るだけのSEも少なくありません。

書類作成中心の仕事だと、せっかく身につけたプログラミングスキルが時間の無駄と感じてしまうことも少なくないようです。

仕事なので仕方ないのですが、勿体ないと感じてしまいますね。

こうした問題を抱えているエンジニアは、副業でプログラミングをするケースも増えています

今はクラウドでプログラミング案件が増えていて、スキルがあれば土日だけで副業することも可能です。

またWordPressなどでエンジニアブログを作り、副業として収益化するプログラマーも増えています。

副業の幅も広がるプログラミングの将来

本業のプログラマーじゃなくても、将来的にプログラミングスキルが活かされる環境は増えてくると予想されています。

IT業界は人材不足で、日本はこの傾向が今後も続くと思われます。

そうなると副業でも良いので、人材を確保する動きも強くなってくるでしょう。

フリーランスとして働くプログラマーも増えていますし、スキルがあれば一生食べていくことができるのがプログラミングのメリットになります。

また企業で働かないで、自分でサービスを提供して稼ぐことができるのもプログラムのメリットです。

無料のポータルサイトを構築して広告収入を得たり、アプリを開発するなど、プログラミングができれば自分でサービスを考えて稼ぐことだって可能です。

プログラミングの技術があれば将来が明るいので、時間の無駄と考えず学習をして下さい。